エルエスパートナーズ ムンバイレポート34 〜ムンバイの上水道〜

ムンバイの上水道について

こんにちは、インターンの中村です。

今回はムンバイでの上水道事情について書きたいと思います。ムンバイの下宿先に初めて来た際に、蛇口をひねって出てきた水の色が透明だったのを見て衝撃を受けたのをまだ鮮明に覚えています。ネパールでは薄茶色っぽい水、フィリピンでは白濁色の水、マレーシアでさえ出始めの数秒間は茶色がかった水が出ていたのに、ムンバイでの水道水は見かけ上は化学物質などで汚染された様子はありませんでした。もちろん飲料水としては使用していませんが、シャワーや歯磨きの際は水道水をそのまま使用していますが、実際問題、ムンバイの水道水はどれほど安全なのか調べて見ました。

写真1:水道から汲み取った水

写真1:水道から汲み取った水

 

写真2:洗面台の蛇口から流れる水

写真2:洗面台の蛇口から流れる水

 

水の供給源から順を追って見ていきたいと思います。ムンバイの取水地は、ダム(Vaitarna、Ulhas、Patalganaga、Amba)と湖(Tulsi,、Vihar、 Tansa、 Upper Vaitarna、 Bhatsa、Mumbai III)の二つに大別できます。(参考記事:https://www.safewaternetwork.org/sites/default/files/Safe%20Water%20Network_Mumbai%20City%20Report.pdf)1860年代にはムンバイの人口は70万人ほどしかいなかったため、Vihar lakeだけから1日あたり32万リットルの水を汲み取れば事足りたようです。しかし、今ではその当時から18倍近くも膨れ上がった人口(約1300万人)を支えるために1日あたり3520万リットルもの大量の水が必要となるため、ムンバイ周辺地域のダムや湖からも水を引っ張ってきてどうにかこうにか増え続ける需要に応えようとしているようです。

さて、各取水地から汲み取られた水はそれぞれBhandup、Pnajarapur、Vehar 、Tulsiにある浄水場へと水道管を通って運ばれ、前塩素処理、凝集、沈殿、濾過、後塩素処理というプロセスを経て浄化されます。浄化後の水はしっかりと世界保健機関の基準も満たしており、この時点においては人体に安全な水へ変わっていることはほぼ間違いなさそうです。

その後、各地域ごとに設置された配水池を経由した後、ムンバイ中に張り巡らされた全長3200kmにも及ぶ水道管を流れて最終的に各家庭へと水が供給されます。どうやらこの水道管を通過する際に汚染されるケースが大半のようで、溝に配備された水道管の老朽化や腐食、水漏れや水圧の低下などが具体的な汚染原因とされています。驚くことに場所によってはイギリス統治時代に配備された100年以上前の水道管をまだ使用している箇所もあるようで、水が汚染されてしまうのも納得の結果です。

しかし、2012年頃からムンバイ地元政府がようやく重い腰を上げて水道管の補修や交換に本格的に取り組み始めたようで、2012年度は水供給量全体の17%が飲料用に適さない水だったのに対して、年を追うごとにみるみるうちに改善していき2016年度にはなんと3.1%にまで減少しています。(参考記事:https://timesofindia.indiatimes.com/city/mumbai/drink-to-this-bmcs-water-quality-has-marginally-improved-this-year/articleshow/59258782.cms

ただし、ムンバイ内の地域によってかなり差がありそうで、南側の地域(Colaba、Nariman Point、 Cuffe Parade)においては2016年度時点でまだ8.5%がまだ飲料水に適さないままです。反対にKandivli、Charkop、Poisarにおいてはたった0.3%に抑えられています。

汚染水の中には下痢を引き起こす原因となる大腸菌を含んでいるものも多いため水道水を摂取することは極力避けた方がいいですが、状況は年々改善されているようですので、日本のように蛇口から出た水を飲むことができる日も夢ではないかもしれません。

 

About water supply system

 

Hello, this is Toshi, an internship of LS partners. This time, I’d like to talk about water supply system in Mumbai. The very first time I arrive at the accommodation in Mumbai, I was very surprised with the fact what’s streaming out of the faucet was clean water, at least the looks of it was not turbid at all. In contrast, I came across constant brownish water in Nepal, little bit cloudy water in Philippines, even in Malaysia the initial seconds of streaming water was bit brownish. But, what I saw in Mumbai didn’t look contaminated at all. Although I still don’t dare to consume it as drinking water, I use it for shower and rinsing my mouth after brushing my teeth on day to day basis. I’d like to dig into the truth of how safe tap water is in Mumbai.

Let’s begin with looking into where the water comes from.(Reference:https://www.safewaternetwork.org/sites/default/files/Safe%20Water%20Network_Mumbai%20City%20Report.pdf) Mumbai’s water catchment sites can be divided into two types, dam (Vaitarna, Ulhas, Patalganaga, Amba)and lake (Tulsi, Vihar,  Tansa,  Upper Vaitarna,  Bhatsa, Mumbai III). In 1860s, population in Mumbai was limited to more or less 700 thousands people only, which made 320 thousands liter per day from Vihar lake sufficient enough to meet the need of water in the city. But, now that we have the population of 18 times more than what it used to be (Roughly 13 millions), the need of water for a day amounts to  35.2 million litter of water, which made it impossible for Vihar lake alone to supply enough amount of water. So, nowadays we are sourcing our water from not only within Mumbai but also neighboring cities as well.

The water taken from those water catchments goes to either one of the water purification plant located in Bhandup, Pnajarapur, Vehar , and Tulsi by water pipeline, then goes through pre-chlorination, aggregation, settling, filtering, post-chlorination to be purified. The water sterilized through this process meets the criteria of WHO, so it is certain that the water is successfully transformed into fit-for-drink water at this stage.

From there onwards, the water goes through regional water distribution centre, and finally reach to each household via a web of 3200km water pipeline penetrated throughout the city.

Apparently, contamination usually occurs in this distribution stage due to old and corroded water pipe coming through gutters as well as leakage and low water pressure.

To my surprise, the water pipes installed more than 100 years ago in British colonial era are still in use at some places, which makes total sense of why contamination is happening.

 

However, on the other note, Mumbai municipal body finally got down to tackling this problem around 2012 by replacement and repair work of aged water pipe, and things are looking up dramatically since then. In 2012, 17% of total water supply was labelled as not fit-for-drink, but in 2016 it dropped to merely 3.1%.

(Reference:https://timesofindia.indiatimes.com/city/mumbai/drink-to-this-bmcs-water-quality-has-marginally-improved-this-year/articleshow/59258782.cms

Having said that, it’s better to bear in mind that the quality of water differs region to region inside Mumbai. For instance, in 2016, southern part of Mumbai (Colaba、Nariman Point、 Cuffe Parade)has seen 8.5% of total water supply as not fit-for-drink whereas northen-west part of Mumbai (Kandivli、Charkop、Poisar) has seen 0.3% only.

It is safe for us to refrain from using tap water for drinking use as contaminated water often contains E-coli which is notorious for causing diarrhea. But, as you can see, the situation has been improving year by year here in Mumbai, and it might not be mere dream that we are able to drink tap water just like we do in Japan in the future.

 

Advertisements

エルエスパートナーズ ムンバイレポート33 〜インドの独立記念日について〜

インドの独立記念日について

こんにちは、インターンの中村です。

今回はインドの独立記念日について書きたいと思います。先日8月15日はインドの独立記念日のためインド全土が祝日でした。下宿先アパートの下の方から大音量のインド音楽が流れていたり、女の子がアパート中に響き渡る声で歌を歌っていたり、その日は朝から今日は何か違うということを思い知らされました。アパートの下におりていき、音が聞こえる方へ向かってみると、アパート群が両端に立ち並んでいる間に設けられたスペースの一角に、プラスチック製の椅子が乱雑に並べられていて、その前で何人かの子供達が流れてくる音楽に合わせて踊っていました。中には独立記念日を意識したのか、インドの国旗のトリコロール柄のTシャツを着て踊っている子もいました。ボリウッド映画といえば映画内で披露される歌やダンスが有名ですが、それまで現地の人が公共の場で歌ったり踊ったりする姿を見たことがなかったので、あれは映画用に作り上げられた架空の文化ではなく、現実の文化に基づいたパフォーマンスなのだと実感しました。

大人も踊っていました

(写真1:かなり小規模でした)

 

かなり小規模でした

(写真2:大人も踊っていました)

さて、地元の人達にとってはお祭りさながらにお祝いするおめでたい日ということは漠然と理解できましたが、一体どのような経緯でこの日を迎えることになったのかその歴史を辿ってみました。

多くの人がご存知の通り、インドは一時期イギリスによって植民地支配を受けていた歴史があります。1858年にイギリス領インド帝国が成立し、その後第二次世界大戦後の1947年8月15日に独立を迎えるまで実に89年もの間、インドはイギリスの支配下に置かれていました。ということで、1947年8月15日は当時のインド人にとっては長年のイギリスによる抑圧から解放され、独立を勝ち取った悲願成就の日であり、国民の祝日としてインド全土でお祝いするのは自然な流れかと思います。ただ実は、この日は信仰する宗教の違いから袂を分かって分離独立することになったパキスタンとの現在まで続く長い対立の日々の始まりでもありました。非暴力・不服従のモットーのもと指導的な立場でインドを独立へ導いた、かの有名なガンディーが暗殺されたのも、この分離独立に端を発していました。信仰宗教による分け隔てなく、インド国民として一致団結した独立を目指していたガンディーは、ヒンドゥー教原理主義者によって翌年1月に暗殺されたのです。過去にも過激派によるテロ事件が発生したこともあって、今年も大都市を中心に警備体制が強化されて、在インド日本大使館からも在住邦人へ向けて外出に関する注意喚起が促されたようですが、イギリス統治からの独立というおめでたい日ということと同時に、独立と時を同じくして生まれた対立も決して忘れてはいけないということを考えさせられる機会になりました。

ちなみにインド憲法が施行されたのは1950年1月26日ですが、この日はインドのもう一つの国民の祝日「共和国記念日」として独立記念日同様にデリーで祝賀行事が開かれるのが恒例となっているようです。

 

 

About Independence day of India

Hello, this is Nakamura, an internship from LS-partners.

This time, I’d like to talk about timely topic which is about independence day of India. Just recently on August 15th, we had Independence day of India and whole nation of India observe this day as a national public holiday. I figured “Today is bit different.” by the sound of loudly playing Indian music and girls’ singing songs roaring all around the apartments.

To see what’s going on down there, I went down to the ground floor and headed towards where the sound came from, then I found randomly strewn plastic chairs in the open area between groups of apartment buildings on both side of it, and some children was dancing to the music in front of those chairs. Among them, I found one boy wearing tricolor T-shirt dyed just the way the Indian flag is colored.Bollywood is known for its unique dance performance which happens every now and then in the duration of movies, until that moment I was unsure whether it was truly rooted in local culture or made up for commercial purpose, but I finally came to understand that what we see in the movies really comes from the real Indian culture.

So, now I kind of understood that it’s a celebration day for locals to enjoy just like a festival, then I felt like getting to know more about it  from historical aspect.

As many of you may know, India has a history of being colonized by British for a certain period. It was under the control of British Kingdom from the time of British-owned India Empire’s establishment back in 1858 until the time of independence on August 15th in 1947 shortly after the world war 2, which makes the total period of occupation 89 years long.

So, it is quite natural scenario to declare this day as a national public holiday and celebrate it all across the nation since it is definitely a hard-earned independence for every Indian after having been oppressed by British influence over a long period of time.

But, on the flip side of it, this day coincides with the beginning of long-standing conflict with Pakistan which separated itself from India for the difference of religions majority of each nation worshiped for. The worldly-renowned Gandhi who led the movement towards India’s independence with the motto of non-violence and non- obedience was assassinated due to the issue stemming from this separation. Gandhi’s objective of pursuing independence all together regardless of religions we worship for didn’t go well with some extremist of Hindu and got assassinated by them. It seems that security force was bolstered in the major metropolitan cities and Japanese embassy issued a warning on possible terror attack around this day towards Japanese residents in India. That reminded me of the tragic history of conflict between India and Pakistan as well as festive mood of Independence day.

By the way, India constitution came into effect on January 26th in 1950, which observe as Republic day of India, another national public holiday of India, which annually hold celebration event in Delhi just like the Independence day of India.

エルエス・パートナーズ_ムンバイレポート32~ムンバイのハト~ 

~ムンバイのハト~

初めまして、インターンの中村です。

ムンバイがインドでも有数の人口密集地域ということは事前に知っていましたが、まさかハトもここまで多いとは思いがけず、とりわけ下宿先のマンションで目にしたハトの多さには特に驚かされました。ヒンドゥー教の不殺生の教えにより、野良犬など街中で見かける動物が他の国よりも多いことはある程度予測していましたが、ハトの数はあまりにも多すぎます。なぜハトがこんなにも繁殖しているのか、ハト増加によって引き起こされている問題はないのかと疑問に思い、詳しく調べてみました。

写真1:ショッピングモール内に入り込んだハト

(写真1:ショッピングモール内に入り込んだハト)

写真2:下宿先周辺を自由気ままに飛び回っているハト

(写真2:下宿先周辺を自由気ままに飛び回っているハト)

 

<ハトが繁殖している理由>

―環境的要因

まず、この種のハト(Blue Rock Pigeon)は、元々崖や岩が多い場所に生息していたようですが、ムンバイでは高層住宅の窓の縁・屋上の欄干・エアコンの室外機などがいみじくも元の生息環境と似ているため、ハトにとってはうってつけの棲家となっています。次に、野生では産卵時期は食糧事情に大きく影響を受けますが、ムンバイのような大都市では時期を問わず餌が簡単に手に入るため、一年中産卵を行える環境が整っています。最後に、野生に比べて猛禽類や蛇などの個体数が著しく少ない都会では天敵の脅威に晒される可能性も極めて低く、ハトにしてみればこれ以上ない理想の生息地です。

(参考記事:http://www.dnaindia.com/lifestyle/report-why-growing-population-of-pigeons-is-a-problem-2191423

 

―宗教的要因

ヒンドゥー教は生物全般の殺生を原則として禁じていますが、ハトに関しては餌付けを宗教的な義務と位置付けている宗派(主にJainとGujaratiというコミュニティー)さえあるようです。また一般的にも、ハトは餌付けなしでは生存できないと思われていたり、ハトに餌付けすることによって贖罪や幸運などがもたらされると信じられていたり、様々な理由で人々は餌付け行為を積極的に行なっています。

 

―営利的要因

Dadar地区にあるものを筆頭として、ムンバイではお祈りを捧げる場所の近くにkabutar khana(ハトの餌付け場所)がよく見かけられます。政府によって認定された場所以外にも、非公式に作り上げられた場所も数多くあり、そこではハトの餌(Grain=穀物)の販売を生業にしている業者が存在します。地元の食料品店にとっては、そういった販売業者や個人的に餌付けをする人々が穀物を購買することで収益が増えるため、えさやりを規制しようとする動きには非常に消極的な姿勢です。

 

<ハト増加によって生まれる問題>

―呼吸器系の疾患

抜け落ちた羽毛や乾燥した糞から空気中に巻き上げられる粒子によって呼吸器系の疾患が引き起こされると言われています。

写真3:下宿先のベランダに散乱しているハトの糞

(写真3:下宿先のベランダに散乱しているハトの糞)

 

―建造物や石像などの劣化

ハトの糞には酸性の糞を排出する胞子が含まれており、その作用によって糞が付着した表面は少しずつ溶かされてしまうようです。

 

―生態系のバランスが崩れる

ハトの個体数の異常な増加は、雀をはじめとした小鳥の生息場所を奪ってしまいます。また、鳥達の食生活が餌付けに偏ることによって、本来鳥が担っていた植物の種子の発芽や拡散が行われにくくなってしまうということも一つの問題として考えられています。

(参考記事:https://timesofindia.indiatimes.com/city/delhi/Pigeons-turn-messengers-of-diseases-destruction/articleshow/53834177.cms

 

―感染病の拡大

ハトの個体数が増加し密集度が高まるにつれて、ひとたび感染病が発生すると、他の個体に移りやすい状況を生み、また感染拡大の速度も早くなります。それはハトだけに留まらず、他の種類の鳥達も巻き込み、ひいては人間にも感染被害を及ぼしかねません。

 

―ハト対策のための出費

糞で汚れた鉄格子の清掃費用(月500ルピー)や、ハトの侵入を防ぐための特殊ネットの設置費用(8000~15000ルピー)など、ハト対策費用に余計な出費を割くことになっている。

(参考記事:https://mumbaimirror.indiatimes.com/mumbai/cover-story/pigeon-hell/articleshow/33971612.cms

 

Pigeon in Mumbai

 

Hello, nice to meet you. My name is Nakamura, an intern of LS Partners Co., Ltd.

Even before coming to Mumbai, I knew that this city is densely populated, but I had no idea on over-population of pigeon. Especially the number of pigeons around the apartment where I stay caught me surprise. I expected the number of stray animals to be more than what I would find in other countries due to one of the Hinduism well-known principles which basically prohibit slaughter of any animals, and it turned out to be true. But, the number of pigeon here was way beyond my expectation. It got me wondering why there are so many pigeons specifically in this city and whether or not it’s causing any problem, then I decided to do some research on that.

 

<Reason for proliferation of pigeon>

  • Environment

First, originally this kind of pigeon reside in rocky areas or cliffs, but for better or for worse Mumbai’s sky-scraping apartments and condominium create alternative environment where numerous pigeons happily settle in such as windowsill, parapet, and AC compressor unit. Second, season for laying eggs is subject to the availability of food when they live in the wild. On the other hand, they can lay eggs all year round in the cosmopolitan city like Mumbai thanks to readily and constantly available food resource all over the city. Lastly, there are significantly slimmer chance of becoming a target of predators in Mumbai as opposed to being threatened by predators all the time when they live in the wild. Ironically, urban area seems to be even better place for them to settle down.

Referencehttp://www.dnaindia.com/lifestyle/report-why-growing-population-of-pigeons-is-a-problem-2191423

 

 

  • Religious belief

Hinduism doesn’t allow killing of any animals. Surprisingly, feeding pigeon is even considered as religious duty for some groups of Hinduism (Namely Jain and Gujarati). Furthermore, some people think that pigeon are unable to survive without being fed by people or feeding pigeon can contribute to bring prosperity to them or even wash away their sin, all of which lead up to their active participation for pigeon feeding activity.

 

  • Commercial activity

We often find kabutar khana (Pigeon feeding place) near places of worship. You might be familiar with the one in Dadar district which is particularly well-known. Aside from the ones officially designated by local government, there are a number of kabutar khana established over time without any authorization. In both places, we surely find local venders selling small pack of grains for visitors to feed pigeons. For local grocers, it is nothing but pleasant situation since pigeon-feeding-activity brings venders and consumers to their stores to purchase grains. Thus, they are not keen at all to take measure to refrain feeding activity and control the number of pigeons.

 

<Problems caused by overly-populated pigeons>

  • Respiratory problems

Scattered feathers fallen from pigeons and tiny particles of their dry droppings in the air can attribute to respiratory problems.

 

– Damage to buildings and statues

Pigeon’s droppings contain spores whose excrement is acidic and damage the surface of historical buildings and statues.

 

  • Disturb eco-system

The exponential increase of pigeons disrupts eco-system in the region. Sparrows are known to be one of the most affected species in that regard. In hindsight, I realized that I haven’t seen many sparrows in Mumbai indeed.

Referencehttps://timesofindia.indiatimes.com/city/delhi/Pigeons-turn-messengers-of-diseases-destruction/articleshow/53834177.cms

 

–  Epidemic risk of infectious disease

Over-crowding leads to easy transmission of infectious disease from one pigeon to another and also quicker expansion. Contagion doesn’t stay only within pigeons and further spread to other species of birds, and eventually reach out to human being in some cases.

 

  • Extra expenditure for addressing with pigeons

Addressing pigeon’s problems comes at a cost for local residents; Rs 500 monthly for cleaning balcony grills, Rs 8000~15000 for installing special nylon net to prevent pigeon’s invasion. Referencehttps://mumbaimirror.indiatimes.com/mumbai/cover-story/pigeon-hell/articleshow/33971612.cms

 

【エルエス・パートナ​​ーズ(株)】インド市場攻略&インド人との​コミュニケーションセミナーのご案内

【エルエス・パートナーズ㈱_インドセミナーのご案内】

【エルエス・パートナーズ㈱_インドセミナーのご案内】
 
2018年1月23日(火)
エルエス・パートナーズ株式会社代表松野小百合が講師を務めます「インド市場攻略&インド人とのコミュニケーション」セミナーが開催されます。
 
新興国ビジネス商機の鍵となるセミナー内容となっております。
どうぞご活用ください。
ご参加ご希望の方は下記サイトアドレス内よりお申込みをお願い申し上げます。
 
■■■
 
「インド市場攻略&インド人とのコミュニケーション」セミナー
 
 
 
1部 インド市場攻略のための消費者・流通・戦略事例研究:
 
     消費財を中心に、インドでの販路構築に向けた消費・流通実態と他社事例を大解析!
 
 
2部 インド人とのコミュニケーション・マネジメントの秘訣:
 
     インド企業と関わりを持つ方、インド人社員のマネジメント業務を行なう方、
 
     是非ともご参加ください!
 
 
    ※どちらかの部のみのご参加も可能です。
 
 
 
──■ プログラム内容 ■───────
 
 
── 1部 インド市場攻略のための消費者・流通・戦略事例研究 ──
 
 
1 インドの最新の小売市場を知る
 
 ・小売企業の動向と、小売政策の動向
 
 ・売れているモノやサービスの変化(過去~現在~今後)
 
 ・今、なぜその製品やサービスが売れているのか
 
 
2 複雑な流通構造とサプライチェーンを紐解く
 
 ・トラブル事例を題材にインドのインフラ・税制・商習慣を知る
 
 ・インドの独特で複雑なサプライチェーンを大解剖!
 
 ・日印流通戦略の根本的な違いを知ろう
 
 ・ディストリビューターのニーズと交渉のポイント
 
 
3 消費者の日常を知る
 
 ・アッパーミドルクラスの日常生活
 
 ・インド人の買い物の様子と余暇・レジャー風景
 
 
4 消費財メーカーの販売戦略
 
 ・MT(モダントレード)向けの戦略
 
 ・TT(トラディショナルトレード)向けの戦略
 
 ・消費者への訴求(認知・動機付け・囲い込みの仕方)
 
 
5 成功企業の流通戦略とケーススタディ
 
 ・消費財メーカーの事例
 
 ・消費財商材に置き換えて戦略をどう組み立てるか
 
 ・全体のまとめと質疑応答
 
 
──2部.インド人とのコミュニケーション・マネジメントの秘訣──
 
 
1 そもそもインド人ってどんな人たち?
 
 ・インド特有の社会システムとビジネス
 
 ・インドでのタブーは何?やってはいけない行動、言葉遣い等
 
 ・インド人はお互いをどう見ている?(階級や職業の差など)
 
 
2 インドのビジネスパーソンについて知ろう
 
 ・インドの基本的な商習慣、ビジネスマナー
 
 ・日本人と似ている点、異なる点
 
 ・インド社会の意思決定はどのように行われているか
 
 
3 インド企業との交渉(プレゼン・交渉・説得術)
 
 ・インド企業との条件交渉と日本企業の勘違い
 
 ・インドで刺さるプレゼンに向けた日本側の準備・プレゼン方法
 
 ・交渉場面のケーススタディ 〜こんな時どう説得する?〜
 
 
4 インド人社員の管理(コミュニケーションのあり方)
 
 ・日本人が陥りがちなインド人社員管理の失敗
 
 ・彼らのモチベーションとは?それをどう引き出すか?
 
 ・評価や賞罰はどう設定すべきか
 
 ・プロジェクトのケーススタディ 〜こんな時どう指導する?〜
 
 
5 まとめ
 
 ・全体を通した振り返り
 
 ・質疑応答  
 
 
■━━━━ 開催概要  ━━━━■
 
 
 開催日時:2018年1月23日(火)9:30~17:30
 
 
 講師:松野 小百合
 
          エルエスパートナーズ株式会社 代表取締役社長
 
 
 
 受講料:
 
         どちらか一方の部のみの参加: 39,000円(税込) 
 
 
 
         全日程(第1部・第2部)参加
 
         ご優待: 58,000円(税込) 昼食のご用意をいたします。
 
 
 会場:マーケティング研究協会セミナールーム (飯田橋駅徒歩10分)
 
 
 
 
● 詳細、お申し込みは下記のURLをご確認ください        
 
 
  第1部:インド市場攻略のための消費者・流通・戦略事例研究
 
  http://www.marken.co.jp/seminar/2018/01/post_316.php
 
 
  第2部:インド人とのコミュニケーション
 
  http://www.marken.co.jp/seminar/2018/01/post_317.php
 
 
  全日程ご参加
 
  http://www.marken.co.jp/seminar/2018/01/post_574.php
 
 

エルエスパートナーズ ムンバイレポート 〜スーパーマーケット〜

エルエスパートナーズ ムンバイレポート
〜スーパーマーケット〜

 はじめまして。LS-Partnersでインターンシップをさせていただくことになりました。インターンシップの間、ムンバイでの生活での気づきをご紹介したいと思います。

 早速ですが、僕がインドに来てはじめにびっくりしたことをご紹介します。それは、「スーパーマーケットを見かけない」ということです。
日本では食品や雑貨、文房具、何を買うにしてもスーパーマーケットを思い浮かべるひとがほとんどだと思います。こちらでは、八百屋さん、文房具屋さん、といったように個人経営の小さなお店(キラナというらしいです)がそこらじゅうにあり、こちらで買うのが一般的なようです。ムンバイのみならず、インドではスーパーマーケットは非常に少なく、少し古いデータですが、BusinessworldのThe Marketing Whitebook 2009-2010によると、小売業界1200万店舗の98%が46.5㎡以下の小型店舗であり、組織的な大規模小売業者の売上シェアは全体のわずか約5%しかないそうです。はじめは、欲しいものをどこのお店で買っていいのかわからず、スーパーマーケットがないのは不便だなぁと感じていましたが今では慣れ、小さい店舗ならではのお客さんとお店の人の距離の近さを感じてなにか温かい気持ちを感じています。

%e7%94%bb%e5%83%8f_-%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%82%92%e5%a3%b2%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a9%e3%83%8a

画像:お菓子を売っているキラナ

〜インドにおける外資規制〜

 実は、このようにインドに大規模なスーパーマーケットが少ないことには、インドでは独立(1947年)から、外資のFDI(外国直接投資)に関する厳しい規制があったという歴史的背景があります。
1990年代からこれらの規制は緩和され、外資への門戸が開かれました。卸売業への直接投資に関しては1997年に政府の許可が得れれば可能になり、2006年に自動承認となりました。小売業への直接投資に関しては2006年に単一ブランドの小売業者に対して51%、2012に年に単一ブランドの小売業者に対して100%、複数ブランドの小売業者に対して51%まで認める、といったように徐々に規制が緩和されています。仕入れの一部をインド国内から調達することを義務付けられている等、依然様々な条件があるものの、この規制緩和により最近では大規模なスーパーマーケットの数が増えています。

2016年インド政府発表の外資規制緩和策についての記事
https://www.jetro.go.jp/biznews/2016/…/092aa4bccb8edc11.html (JETROホームページ)

2016年6月7日にインド政府商工省産業政策促進局から発行されたConsolidated FDI Policy(統合版FDIポリシー) 英語原文
http://dipp.nic.in/English/policies/FDI_Circular_2016.pdf

 まだまだ、こちらに来てから初めて知ったこと、びっくりしたことがあるのですが、それらは別のレポートに書こうと思います。

How do you do? My name is Yudai. I started the internship in LS-partners. I will introduce what I found in Mumbai life. 
For almost all of you in Japan, it is natural to go to supermarket when you want to buy something, (for example, foods, general goods, stationary. Here, there are a lot of owner manned small stores (the stores are called “kirana”) and at kirana you can find only vegetables, or only stationary and it is general for people here to visit some kirana and buy things they want. Not only in Mumbai but in India, there are few supermarkets. According to The Marketing Whitebook 2009-2010, Businessworld, there are 12 million retailers in India and 98% of them are kirana stores and big organized supermarkets account for only 5% retail trade are in India. I felt so inconvenient that I had to visit many stores to buy all things I needed, but these days I am getting used to it and when I see customers at the kirana stores look friendly with the owners, they warm my heart.

Actually, in India, since independence (1947), there had been a strict regulations (which is eased already) on foreign supermarket chain to shield domestic companies and small businesses from competition. That is why there are few supermarkets in India. 
After 1990s, the government has eased some regulations and that made foreign company come into Indian market. In 1997, India allowed foreign direct investment(FDI) in cash and carry wholesale although it required government approval. In 2006, the approval requirement was eased and automatic permission was granted. In 2006, 51% of FDI investment was allowed in single brand retail and in 2012, 100% FDI in single-brand stores and 51% FDI investment in multi-brand retail. Although there are still some conditions for approval (the requirement that the single brand retailer source 30 percent of its goods from India, etc.), the number of organized supermarkets is increasing recently.

There are more and more things which surprised me, so I will write about them later.
Thank you for reading.

無料贈呈レポート!本日更新!

日頃より大好評をいただいております
エルエス・パートナーズ㈱代表松野小百合監修レポートを本日更新いたしました。

今回の追加レポートは

一番問い合わせをいただいております、
「インドの自動車売上げから見る
日本企業がおさえておくべき今後の自動車業界の動向予測」の第三弾になります!

「インドの自動車売上げから見る
日本企業がおさえておくべき今後の自動車業界の動向予測-Part3-」

― 目次 ―
1.マルチスズキが新たに展開する高級販売店
1.1Nexa で販売される BALENO について
2 自動車部品産業
2.1 製造拠点
3.インドのタイヤ産業概要
3.1 タイヤ製造本数の推移
3.2 価格競争力の低いインドの天然ゴム市場がもたらすタイヤ市場への影響
3.3 不足するタイヤの原材料
3.4 タイヤ価格の比較
3.5 タイヤ需要の変化
3.6 今後の予測

●レポートダウンロードはこちらから●↓
http://www.ls-partners.com/report/

今後も定期的に配信してまいります。
皆様のビジネスにお役に立てましたら幸いです。

どうぞこの機会にぜひご活用ください。